2013年11月11日

    妖精伝説と始まりの海、乱世・ジャンプ感想破片小説第96話。

    なぜ、オモチャとゴミの山が…。ショタが可愛い。他の班の人々は、何をやっていたのだろうか?カレー食べたくなった。色々な意識が錯綜する。

    ただ、一つはっきりしたのは、オノが結構えぐい。高層中層…抗争中…。無理やりすぐる。そんな戯言。親の金で遊びにくる。そんな戯言(たわごと)。降ってくる人々。

    世の中は、全てカオスルーラーだった。

    野菜切っていただけ…。では、確実に生きづらくなる…。窪谷須が血みどろ。そんな暴言。バド・フォルスターが心変わりするには、失敗もなかったろう。それでは、痛車は無理だろ。

    漆黒の翼www。

    空気が変わったのは、そこからだった。つまり、スーパーカー扉絵。これは、フェラーリ改か…。男子は、約百万の上着を着込み。酒を煽り。警備の人も大変だなー。元軍隊の兵士たち。それが、今夜の相手だ。

    「オモチャも敬礼するだと?」

    「べとっ!!鼻水かしら?何だ?」

    思わず声が上がる。無理もない。空白の100年でマリージョアに…妖精伝説の始まり。お礼に花々を…。いい意味で虫ケラ…。色々な情報が錯綜する。

    「レベッカ・チェンバースの父親だと!?」

    朝の字が、そう叫び、トリオン兵が倒されているのも、一つの風景のように思えた。つまりは、始まりの海である。

    続く!

    久しぶりの更新になりました!


    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ破片小説神。 at 16:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年10月26日

    犯罪者達の会話、ゆるがぬ正義感…ジャンプ感想破片小説第95話。

    「服を脱ぐだと!?」

    正宮カーゴは、自分の耳を疑った。では、ヘブンズ・ドアー・ハリケーンは、その深刻…いや、申告できないのか。日向正嗣の深刻な表情を観て、そう思った。あいかわらず、じいちゃんの背中がでかい。

    「金、盗むは、絶対にありそう…。」

    「自主規制」が面白い。笑ごとじゃないよ。結局、マングース・ド・
    マスクへの機械音か?そうなのか。何かな?では、アメリカ大二郎はは、独り言が気になる。つまり…。

    「大砲の発射がじわじわくる。」

    そう、これは鎧を集める物語。そうなのか。辺境の街に勇者は現れる。断片的な情報が、僕達を惑わせる。

    「生きているコテww。」

    急に吹きだした。それは、魔王の呪いかな?そう考えると、ツッコミの様子も、なんとなく、メキシカンギャグっぽいな。しかし、先述としての、待ち伏せの罠って有効?

    「ふむ。主人公の目的とは?」

    「やれやれ危機一髪…。」

    に、似顔絵ェ…で観た犯罪者達が目の前にいる。いや、蛇口が破裂したことを考えると。能力者か。サンキュー・メキシコ。唐突な英語が危機感を高める。」

    「やけに緑の多い都会。」

    「ガルダンバリアの犬毛とは?」

    「このカルト女め。」

    そう、吸血殺人か…。もしくは、朝から焼酎事変。犯罪だ、てぇへんだ。つまりは…。小学校留年。先生…事件です。農家模型への指摘がするどく飛ぶのであった。

    続く。

    年内に100話を目指して!

    posted by ジャンプ破片小説神。 at 15:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年10月25日

    美食会…楽しい会話とゴージャスなナイト☆彡ジャンプ感想破片小説第94話。

    「兵士の鎧とか、憧れたな。」

    「浮世絵を書くの大変だろうなー。」

    「ぶっちゃけ悪役の顔怖すぎ…。」

    お客を全員排除して…。深夜の美食会が始まる。来るのは、みんな、音速移動って、忍者の集まりに近い。父がネコ好きだった…(笑)。それは同じ…求道者か…。猫愛の…。

    「実際の握手はどんなのだったのか?」

    「や、香具師…。そう、香具師だったよ。」

    「いつ北海道に行くのか?」

    楽しい会話かと思ったが・・・。今思えば、ギャグ要素は、もっと、もっとプッシュ・アップしてもいいかも?なんというか、各人、面白い設定だけど、マンガで言うならたったの1コマ…が命取りに。

    「ロケットが都に…。」

    「A級のロケットは3位…。」

    「じゃあ、フンボルトペンギン・ユーマとどっちが強いか?」

    「と思ったら、ショロル・ナイト?」

    「み、三雲・ゴージャス・修だと!?」

    よく見ると、会話の中にタコがおりますね。水、つまりウイスキーが苦手な人ほど、みんな、菅原派?そんな風に思えます。アワビがくっつくのは??悪の証。では、編み込みは手だけでできるのか。もしくは、ガンドレットで戦う感じ?

    会食はまだまだ始まったばかりです。

    続く!

    がんばります!

    posted by ジャンプ破片小説神。 at 11:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする