2013年11月14日

    浜辺の物語、ツンデレと武器と開戦前夜!ジャンプ感想破片小説第99話。

    発明の力が、それが便くらいガマンして、突然の解雇…。来ていたのは燃堂さん力君。新宿御苑の桜。桜好きの区民代表ですか…。つまり、スーパーカーの扉絵。

    「店ツンデレとは、新しい。」

    「武器を持たせる。理不尽であっても。」

    着ぐるみの男も、一条という?まさかの徒歩だと!?階段…。天柱レンは使えないのか。中学の客とは?一週間て…大丈夫なのか?そうつまり、暗殺者の沖縄感。まさかの几帳面!田所さんも。普通にデート。

    普通に和菓子デート。やっぱり、デートや…。そんなところに、ナマコ和尚登場。もしくは、鞭糸、パネェ。結局、ゴシキート。五色糸ですた。。あるいは、鞭?

    「シーザーとジョーラの再開(笑)。」

    「サン五郎??」

    アルトとは、ゾウを目指す…。イッショウさん。つまりは、ガンナー用トリガーの説明。だからって、弾バカて。。そうオビト・タラコーニは、言う。映画の撮影って、それないわ。

    「船が砂浜にめりこんでるやん。他に断れたのは。」

    では、キャタピラ付きの船とかあるのかな?ほぼ人間のロボットは、もう選挙は、そがしたのですが、そこからじわじわと、風化し、人形を諦めた方がいい。

    続く!

    次回は、ついに100話!一区切りですね。


    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ破片小説神。 at 20:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年11月13日

    魔女と赤ん坊!とりまく人々はカオスな感じ!ジャンプ感想破片小説第98話。

    サタンヘアーが美しい。まるで、バキ・グレードルを感じさせる感じです。それでは、腹のオペは誰がするのか?そう考えた時に、クシナ・ブランスールの様子が…変わった。

    「忍連合軍にチャクラが!」

    ラフレシアが…。終わりの始まり。月が印象的。オビト・モヒカールは、それは、爆風スランプの一員だった。そう、ゼブラ氏は一般人を非難させているのですね。

    「ボムエッグストーム??」

    なんたる…。でも、それが、人類全体のオチでありました…。思い出せば、披露宴の…チュウさんがムスっとしている…。それだけの理由で、矢で片目を潰した?だったら、勝手に発掘しちゃっていいのか?

    「龍が憑依したとかかな?」

    なるへそ。へそへそ。すごいな…。その発想はなかった。埋めといたらってのは、表現に工夫がいるような。注目されえ帰りたい。そんなことを考えた時代。

    「みんな、意識するはな。」

    パスツール・カスミンの妹が、虚構の音を味わう。その横で、伊調剛健正次が酔いつぶれている件。結局のところは、学校同士の対峙か。「ウチら」ってのはそうね。そういうことよね。

    「犬は最初に出た犬か。」

    赤ん坊と叔父とは、結局のところ赤ん坊の主張、ベイビーブーか。その歴史は、あいつが詳しい。つまりは、時の魔女。必殺技は、竜魔封札か。しかし、鼻息が臭いwww。赤ん坊が漏らすのは、仕方がないレベル。

    話せても赤ん坊、そして、魔女の使い魔。

    続く!

    今回は、難しかったです!

    posted by ジャンプ破片小説神。 at 19:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年11月12日

    野球部時代、豪腕ピッチャーがいた時代・ジャンプ感想破片小説第97話。

    ミナトも、ハゲでデブのヘビって…。燃堂明宏は、舐り箸をパチンと割った…。土手の花火は、一条は、そんなことを考えていた。うへー。付き合っている訳でも、勿論、交際中でもなく…からかったとか…。

    そんな大根芝居。今日は、ここまで。それが毎日。だがしかし、姉と姉の心の…砂は馬との写真を拒否したのだった。しかし、小学校で140kmはないわなー。80mの遠投…。パワーリーガーの証だったが、黛煙爾郎が活躍した時代は終わった。

    黒子さんが地面に…。体力も残り少なく、ここで、もう第1話の回想…という感じが…。つまりは、あらすじメガネである。しかし、下着の上下は意味ないなー。そんな事を思い探す寮長。

    しかし、消火器使っちゃうのが、子どもを競馬場にとわ。ちゃんちゃらおかしい。馬は、農村の、馬力が、馬の、つまりはヘビと血?源さんが、そんな風に。

    第1話がヘビって、兄者以上のバカ。そう。だから、最初から煙の字が、小窓さんが、まぁ、妹寺(シスデラ)とは、そういう感じで。しかし、マウンドで寝るとは…。喫煙とは半端ない。今ある歴史を、崩した。

    三塁踏んで1点やで…。順番じゃなくてスピード?食われるて…。イチかバチかってどういうこと?

    相手にカードを投げるのはどうするのか?不幸保険なのに運の支払いか…。つまりは、相手の山にも投げれるのか。明らかに、トリッキーな振りに思えるが?

    夜は更けていく。

    続く!

    100話まで後、少し!

    posted by ジャンプ破片小説神。 at 23:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする