2016年03月26日

    乙武洋匡(おとたけひろただ)なんてたいしたことない+これはすごいブログヘッドライン。

    心の断片のようなモノ。

    父親を殺したいと思った時に書いて怒りを沈めようと思った文章3。

    乙武さん不倫してたんだって。氏の発言として、障がい者も健常者も同じように立ち振る舞う社会とか言って、NHKの「バリバラ」とかは、まさにそういう感じなのだが…色々と心の中で邪悪な思念が渦巻く。

    あまり良い言葉だとは思わないし、普段は使わないけど、あえて使ってみると、ブス専、デブ専、熟女、などなど人間の特徴は、好みに繋がると思うが、乙武さんの不倫の相手ってのは、どういう嗜好だったんだろうか。相手が「五体不満足」でも、関係なく愛せるってのは、立派なことかも知れないけど、それが不倫という不道徳である部分は、頭が混乱する。

    「不倫」という報道だけど、もっともっと、えぐいことが根底にあるのじゃあないだろうか。「障がい者に優しく」ということが美徳であるならば(乙武さんの意見からするとそれはおかしいのだけど)、不倫も含めて乙武さんに優しくする気持ちってのは、何か支配、洗脳よりも、もっと恐ろしい力が働いているのかもしれない。

    などと、あまりよくないことを沢山考えたが、もしも、氏がこのまま自民党の議員になり、結果として、宮崎謙介のように不倫で議員辞職して、再選挙とかになったら、そこに税金が使われるわけで、国民としては不倫癖のある人は議員になってほしくないが…乙武さんは比例で出馬するんだっけか。

    乙武さんだから…と、特別に考えることは、氏の意見に反するモノだと思うが、そんなことを考えた。あと、個人的に不倫する男は、即座に超宇宙的力で消滅するように死に、地獄に堕ちて欲しい。神の鉄槌が実在するならば。

    以下のブログ記事を読みました。

    以下は、ヘッドラインニュースです。

    これはすごいヘッドライン。

    乙武洋匡さんと岡田斗司夫さんの「自己肯定感」という魔物 - いつか電池がきれるまで

    [はてな][性][炎上][社会]「バレなきゃ裏切りではない」という強固な意思を持っているのでは。そして、強烈な性欲は、それを自己肯定するのだと想像。

    自慰行為が制限される辛さを考える - 脳髄にアイスピック

    [はてな][性][芸能]不倫に至った経緯は分からんが、我々ができることができないというのは事実だと思う。高性能天下茶屋…とか思ったけど、天下茶屋を装着するのも、きっと難しかろう。

    乙武さんの不倫とダウンタウン浜ちゃんの不倫の違い - 四条通り週末.com

    [芸能][性][炎上]なるほどなー。確かに、乙武さんの奥さんの謝罪文は、少なくとも共感はできなかったもんなー。

    ネット炎上史に残る「乙武不倫謝罪文」 - Hagex-day info

    [はてな][炎上][性][社会]子どもがいる状況でかなり難しいが、奥さんが乙武氏のケアをしていれば、不倫などには至らなかった…という意味で謝罪なんだろうか。ポーネグリフに刻んでもよいくらいの教訓が生まれた。ロビン「妻の謝罪は要注意」
    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ破片小説神。 at 02:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: