2013年11月14日

    浜辺の物語、ツンデレと武器と開戦前夜!ジャンプ感想破片小説第99話。

    発明の力が、それが便くらいガマンして、突然の解雇…。来ていたのは燃堂さん力君。新宿御苑の桜。桜好きの区民代表ですか…。つまり、スーパーカーの扉絵。

    「店ツンデレとは、新しい。」

    「武器を持たせる。理不尽であっても。」

    着ぐるみの男も、一条という?まさかの徒歩だと!?階段…。天柱レンは使えないのか。中学の客とは?一週間て…大丈夫なのか?そうつまり、暗殺者の沖縄感。まさかの几帳面!田所さんも。普通にデート。

    普通に和菓子デート。やっぱり、デートや…。そんなところに、ナマコ和尚登場。もしくは、鞭糸、パネェ。結局、ゴシキート。五色糸ですた。。あるいは、鞭?

    「シーザーとジョーラの再開(笑)。」

    「サン五郎??」

    アルトとは、ゾウを目指す…。イッショウさん。つまりは、ガンナー用トリガーの説明。だからって、弾バカて。。そうオビト・タラコーニは、言う。映画の撮影って、それないわ。

    「船が砂浜にめりこんでるやん。他に断れたのは。」

    では、キャタピラ付きの船とかあるのかな?ほぼ人間のロボットは、もう選挙は、そがしたのですが、そこからじわじわと、風化し、人形を諦めた方がいい。

    続く!

    次回は、ついに100話!一区切りですね。




    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ破片小説神。 at 20:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。