2013年11月13日

    魔女と赤ん坊!とりまく人々はカオスな感じ!ジャンプ感想破片小説第98話。

    サタンヘアーが美しい。まるで、バキ・グレードルを感じさせる感じです。それでは、腹のオペは誰がするのか?そう考えた時に、クシナ・ブランスールの様子が…変わった。

    「忍連合軍にチャクラが!」

    ラフレシアが…。終わりの始まり。月が印象的。オビト・モヒカールは、それは、爆風スランプの一員だった。そう、ゼブラ氏は一般人を非難させているのですね。

    「ボムエッグストーム??」

    なんたる…。でも、それが、人類全体のオチでありました…。思い出せば、披露宴の…チュウさんがムスっとしている…。それだけの理由で、矢で片目を潰した?だったら、勝手に発掘しちゃっていいのか?

    「龍が憑依したとかかな?」

    なるへそ。へそへそ。すごいな…。その発想はなかった。埋めといたらってのは、表現に工夫がいるような。注目されえ帰りたい。そんなことを考えた時代。

    「みんな、意識するはな。」

    パスツール・カスミンの妹が、虚構の音を味わう。その横で、伊調剛健正次が酔いつぶれている件。結局のところは、学校同士の対峙か。「ウチら」ってのはそうね。そういうことよね。

    「犬は最初に出た犬か。」

    赤ん坊と叔父とは、結局のところ赤ん坊の主張、ベイビーブーか。その歴史は、あいつが詳しい。つまりは、時の魔女。必殺技は、竜魔封札か。しかし、鼻息が臭いwww。赤ん坊が漏らすのは、仕方がないレベル。

    話せても赤ん坊、そして、魔女の使い魔。

    続く!

    今回は、難しかったです!




    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ破片小説神。 at 19:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。