2013年11月12日

    野球部時代、豪腕ピッチャーがいた時代・ジャンプ感想破片小説第97話。

    ミナトも、ハゲでデブのヘビって…。燃堂明宏は、舐り箸をパチンと割った…。土手の花火は、一条は、そんなことを考えていた。うへー。付き合っている訳でも、勿論、交際中でもなく…からかったとか…。

    そんな大根芝居。今日は、ここまで。それが毎日。だがしかし、姉と姉の心の…砂は馬との写真を拒否したのだった。しかし、小学校で140kmはないわなー。80mの遠投…。パワーリーガーの証だったが、黛煙爾郎が活躍した時代は終わった。

    黒子さんが地面に…。体力も残り少なく、ここで、もう第1話の回想…という感じが…。つまりは、あらすじメガネである。しかし、下着の上下は意味ないなー。そんな事を思い探す寮長。

    しかし、消火器使っちゃうのが、子どもを競馬場にとわ。ちゃんちゃらおかしい。馬は、農村の、馬力が、馬の、つまりはヘビと血?源さんが、そんな風に。

    第1話がヘビって、兄者以上のバカ。そう。だから、最初から煙の字が、小窓さんが、まぁ、妹寺(シスデラ)とは、そういう感じで。しかし、マウンドで寝るとは…。喫煙とは半端ない。今ある歴史を、崩した。

    三塁踏んで1点やで…。順番じゃなくてスピード?食われるて…。イチかバチかってどういうこと?

    相手にカードを投げるのはどうするのか?不幸保険なのに運の支払いか…。つまりは、相手の山にも投げれるのか。明らかに、トリッキーな振りに思えるが?

    夜は更けていく。

    続く!

    100話まで後、少し!




    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ破片小説神。 at 23:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。