2013年11月11日

    妖精伝説と始まりの海、乱世・ジャンプ感想破片小説第96話。

    なぜ、オモチャとゴミの山が…。ショタが可愛い。他の班の人々は、何をやっていたのだろうか?カレー食べたくなった。色々な意識が錯綜する。

    ただ、一つはっきりしたのは、オノが結構えぐい。高層中層…抗争中…。無理やりすぐる。そんな戯言。親の金で遊びにくる。そんな戯言(たわごと)。降ってくる人々。

    世の中は、全てカオスルーラーだった。

    野菜切っていただけ…。では、確実に生きづらくなる…。窪谷須が血みどろ。そんな暴言。バド・フォルスターが心変わりするには、失敗もなかったろう。それでは、痛車は無理だろ。

    漆黒の翼www。

    空気が変わったのは、そこからだった。つまり、スーパーカー扉絵。これは、フェラーリ改か…。男子は、約百万の上着を着込み。酒を煽り。警備の人も大変だなー。元軍隊の兵士たち。それが、今夜の相手だ。

    「オモチャも敬礼するだと?」

    「べとっ!!鼻水かしら?何だ?」

    思わず声が上がる。無理もない。空白の100年でマリージョアに…妖精伝説の始まり。お礼に花々を…。いい意味で虫ケラ…。色々な情報が錯綜する。

    「レベッカ・チェンバースの父親だと!?」

    朝の字が、そう叫び、トリオン兵が倒されているのも、一つの風景のように思えた。つまりは、始まりの海である。

    続く!

    久しぶりの更新になりました!




    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ破片小説神。 at 16:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。