2013年10月26日

    犯罪者達の会話、ゆるがぬ正義感…ジャンプ感想破片小説第95話。

    「服を脱ぐだと!?」

    正宮カーゴは、自分の耳を疑った。では、ヘブンズ・ドアー・ハリケーンは、その深刻…いや、申告できないのか。日向正嗣の深刻な表情を観て、そう思った。あいかわらず、じいちゃんの背中がでかい。

    「金、盗むは、絶対にありそう…。」

    「自主規制」が面白い。笑ごとじゃないよ。結局、マングース・ド・
    マスクへの機械音か?そうなのか。何かな?では、アメリカ大二郎はは、独り言が気になる。つまり…。

    「大砲の発射がじわじわくる。」

    そう、これは鎧を集める物語。そうなのか。辺境の街に勇者は現れる。断片的な情報が、僕達を惑わせる。

    「生きているコテww。」

    急に吹きだした。それは、魔王の呪いかな?そう考えると、ツッコミの様子も、なんとなく、メキシカンギャグっぽいな。しかし、先述としての、待ち伏せの罠って有効?

    「ふむ。主人公の目的とは?」

    「やれやれ危機一髪…。」

    に、似顔絵ェ…で観た犯罪者達が目の前にいる。いや、蛇口が破裂したことを考えると。能力者か。サンキュー・メキシコ。唐突な英語が危機感を高める。」

    「やけに緑の多い都会。」

    「ガルダンバリアの犬毛とは?」

    「このカルト女め。」

    そう、吸血殺人か…。もしくは、朝から焼酎事変。犯罪だ、てぇへんだ。つまりは…。小学校留年。先生…事件です。農家模型への指摘がするどく飛ぶのであった。

    続く。

    年内に100話を目指して!




    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ破片小説神。 at 15:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。